MENU

私のこと(自己紹介)その1

少しずつ、私自身のことを紹介していきます。

目次

パソコンをいじって35年

パソコン歴は長く、興味を持ったのは小学生のころです。
シャープのMZ-80を家電屋さんで見て一目惚れし、親にせがんだけど買ってもらえず(20万円もするのに組み立てが必要では、買ってもらえなくて当たり前)、数年後、友人が買ったNEC PC-8801mkIIを休みの日になると遊びに行っていじっていました。

その後、高校生になって買ったのが、MSX2でした。ヤマハのYIS-604/128というヤツです。
1985年の発売なので、もう35年も前なんですね。
「パソコンの共通規格」という言葉にだまされ勘違いし、88のゲームが動かないと知ったのは買ったあとのことでした。

やっぱり88がイイ! という思いが強くなって、PC-8801mkIIMRを買いました。プリンターも買ってワープロとして使ったり、BASICやZ80のマシン語なんかでプログラミングもしたりしてました。
5インチフロッピーディスクの2HDは(当時としては)大容量の1.2MB。
でも、88では一般的だった2Dの書き込み互換がなくて、結構苦労した記憶があります。

あと、ゲームにハマってX68000 Expert HDFM-TOWNSも買ったり、16ビットPCの台頭とともにPC-9801VX21とか、PC-H98 model U90とか、PC-9821Aeとか、いろいろ乗り継いできました。そういえば、PC-88VAってのも持ってた。

Windowsが普及してからは、自作機を使っています。これまでに5台くらい組んだかな。
ノートPCだとMacBook Airだとか、VAIO Zなんかもありますが、それはまたの機会に。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

sanzaisky(サンザイスキー)です。アラフィフです。
「モノが先、カネはあと」を座右の銘とし、気に入ったモノを見つけると、あとさき考えずにポチるクセがあります。

目次
閉じる